こころのはけぐち

介護での苦労や悩み、共依存とはどんなことか、自分の体験を元に解決法や、対処法を色々書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おはよう!お父さん(昨年12月に亡くなりました)トマト(今年の3月に亡くなったペットのゴールデンレトリバー)これが私の1日の始まりです。そしてお水と父の好きだったコーヒー牛乳、トマトのご飯を変えて、3つのお弁当を作り母の夕飯を用意して仕事にでかけます。
でも今日はお休み。

今日は久しぶりに天気が良かったので、もう一匹の犬の散歩をしたりベランダの花を眺めたりのんびりと午前中をすごしました。
気分が良かったので、一人ではお風呂に入れない母をお風呂に入れてあげようとおもいました。

86歳の母は少し認知症があり、正常な所と異常な所がまざっています。
とんでもない事をしてくれてガッカリさせられたりビックリさせられたり、イライラさせられたり、ハラハラさせられたります。
とくにトイレ(ウンチ)がうまく行けず、家中にウンチが落ちていたり、壁に付いていたりします。下着もいつも汚れてます。

いつもなら私一人でお風呂に入れるのは大変なので娘が居るときにしかいれられませんが、今日は一人で入れてみることにしました。
いつもだとお風呂に入っていてもウンチをしてしまったり、「お風呂なんか一人で入れるから入れてくれなくてもいい」と悪態をつくこともあり、怒鳴ってしまったり、叩いたりしてしまうことがあります。でも今日は、そんな事もなく「お風呂に入ると気持ちいいね!体が軽くなった気がする。有難う」と、とても喜んでくれました。

お風呂から出て髪の毛を乾かしてあげているとき、「3食作ってもらって、食べさせてもらって、お風呂に入れてもらえて私は犬や猫みたいに飼ってもらってるみたいだね。」と母に言われてしまいました。
育ててもらった母にそんな風に言われてしまい、申し訳なくとても悲しい気持ちになってしまいました。
そこで私は、「今まで育ててくれたんだもの当たり前だよ!でも私もお母さんに叩かれて育てられたから、お母さんが悪い事をしたら叩くよ」
と笑って言うと「そうだね、オアイコだね。でも私は悪い事はしないよ」といわれて苦笑いをしてしまいました。

私の心には悪魔がすんでいます。機嫌の悪いときは罵声を浴びせたり、叩いたりしたりもする嫌な人間になります。
でも今日のような穏やかになれる日もあります。
私が穏やかならば、母も穏やかになります。
これからは、少しでも多く穏やかな自分を増やして行き、母と仲良く暮らして行きたいと思っています。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。